出来事

初めて飛行機の遅延を経験しました

先日、家族4人で石垣島と西表島へ旅行しました。毎年夏休みに旅行をしているのですが、今回は息子のリクエストで西表島へ行くことが決まりました。すぐ隣に石垣島があるのでメインは石垣島という事になりました。四国地方に住んでいる私たちは、まず高松空港から那覇空港へ移動し、乗り継いで石垣島へ行きました。自宅からは8時間ほどかけての移動です。子供にとってはかなりの負担がかかったかもしれません。

それでも、石垣島や石表島へ到着すると別世界が広がっていました。エメラルドグリーンの海、白い砂浜、キラキラと輝く星空など写真通りの景色が広がっていました。子供も暑い中、いつもとは雰囲気の違う場所で過ごすことに興奮した様子でした。天候にも恵まれ、心配していた台風も発生せずにいい旅の思い出が出来ました。

それでも最後に意外な事態が待っていました。自宅へと帰る日にちょうど関東地方へ台風が接近しており空港が混雑していました。到着した時、石垣島空港には人も少なかったのですが、ホテルから空港へ着くと搭乗手続きの場所にも長蛇の列。何事かなと思っていたら「台風の影響で飛行機の到着が遅れている」という放送がありました。

早めに空港に到着していたのですが、搭乗手続きも30分ほどかかりました。私たちが乗る予定だった那覇行きの飛行機も15分遅れで出発。那覇空港からの飛行機もほとんどの便が遅れているようで人がごった返していました。うちの子供たちは大きいので問題はなかったのですが、小さい子供さんが泣いていたり愚図っていたりして家族の人は大変そうでした。

ようやく飛行機に乗り込んでも滑走路には何機か飛行機が離陸待ち状態。すぐに出発できるのかと思いきや窓の外を見ても景色が変わらず、しばらく飛行機の中で待つ状態が続きました。結局、予定より1時間遅れで高松空港に到着しどっと疲れが出ました。たまにテレビで見ていたダイヤの乱れの状態を自分たちが初めて経験し改めて自然の大きさを感じました。