Browse Tag by 副交感神経
出来事

副交感神経などについて勉強した

勉強をしました。ふつう、交感神経の末端からはノルアドレナリン、副交感神経の末端からはアセチルコリンと呼ばれる神経伝達物質が分泌され、内蔵諸器官のはたらきを調節します。このような神経伝達物質の存在は、レーウィという学者によって発見されました。彼は、カエルから取り出した2つの心臓を生理的塩類溶液を満たしたチューブでつなぎ、片方の心臓の副交感神経に電気刺激を与えました。すると心臓の拍動がしだいに小さくなり、やがてもう1つの心臓も同じような変化を示しました。このことから、神経が直接心臓に作用するのではなく、神経の末端から放出される何らかの物質が心臓の拍動を抑制していることが明らかになりました。勉強になりました。